第51回しもつけ乗馬大会レポート

第2回目となるホーステーピング賞、盛会に終わる


那須トレーニングファームにて開催された第51回しもつけ乗馬大会
4月13(金)~15(土)
各日1競技ずつ【ホーステーピング賞】の冠を付けて競技を行いました。
詳しい競技結果についてはこちら

1日目
優 勝  広田思乃 那須トレーニングファーム
準優勝  広田龍馬 那須トレーニングファーム
3 位   西塚重二 駿ホースクラブ

2日目
優 勝  広田思乃 那須トレーニングファーム
準優勝  丹野愛依 ゼンライディングクラブ
3 位   広田龍馬 那須トレーニングファーム

2日目
優 勝  広田思乃 那須トレーニングファーム
準優勝  広田龍馬 那須トレーニングファーム
3 位   広田思乃 那須トレーニングファーム

となりました。

たくさん賞品をもらった那須トレーニングファームの広田さん夫妻。
さっそく賞品を使用して頂きました。翌週は日本でいちばん大きな大会「大阪グランプリ」が控えています。
3週間前に人馬転倒して救急車ではこばれた奥様の思乃さん。「記憶が無くておぼえてないんですよねぇ」と・・・。
ボロボロの状態でしもつけの大会に出場されていました。
3月のナス・スプリングショーでも賞品を獲得されている分を大会中にご自身の身体に使用してケアをさせていただきました。
奥様の広田思乃選手 ホーステーピング賞 優勝3回・3位1回。
ご主人の広田龍馬選手 ホーステーピング賞 準優勝2回 3位1回
「こんなにたくさん(ホーステーピング賞を)もらってしまって、申し訳ありません。でも全部使ってケアしてもらいます。笑」
と、表彰式で笑顔でコメントいただきました。

終了後にも獲得した賞品を利用して、ご自身のケアを大阪に出場するお馬さん達にケアをさせていただき
大阪グランプリへと送り出しました。

途中、猫の「ポケシ」が青野の膝に・・・。そして、そのまま寝る!という珍事もありつつ。

竹内トレーナーも大活躍でした。
まさに、猫の手も借りたホーステーピング。

気になるケアの結果と、大阪グランプリでの結果は次回のブログにて


キネシオホーステーピングケアは、
お薬を使わず、お馬さんの筋肉の動きを利用して回復を図る安心安全なケア方法です。

競技前・競技後・レース・調教後のケアについての相談を随時受け付けておりますので、ぜひご連絡ください。

連絡先
キネシオホーステーピングインストラクター 青野菜名(あおのなな)
iPhone 09015293652
horsetaping@gmail.com

メルマガ登録はこちらから

 

関連記事一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。