屈腱炎に対するキネシオホーステーピングケアの有効性を考える

キネシオテーピングインストラクター
キネシオホーステーピングインストラクターの青野菜名です。

お馬さんの病気について調べております。

屈腱炎は…
一度でも発症すると根治が難しいのか…

馬の難病とも呼ばれていて再生医療の研究もおこなわれている記事を読みました。

休めは症状は回復する…けれども根治は厳しい

そして動かないわけにはいかない。。。。

部活をバリバリやっている子供達とダブります。
休めばいいのはわかっているが、やはり休めない。
でも、痛みや故障は抱えたまま。
大事な大会の前に大怪我をして、台無しに…。

疲労の蓄積が原因と考えられているなら、
疲労回復テーピングは有効ではないか??🤔

自分の筋肉の動きを利用しながら回復を促せるキネシオテーピングケア。

キネシオホーステーピングケアならお役に立てるかもしれない❗️
そんな事を考えながら、🐎本を読んでおります。

 

ケアの相談も随時受け付けております(^^)

iPhone:09015293652

horsetaping@gmail.com

人体から馬体へ、、、
複雑な筋肉の動きは共通するなぁと。
疲労か溜まって怪我に繋がるのは同じだなぁと。

トップアスリートは既に取り入れています。
ロナウドやベッカム⚽️も貼ってる(サッカー)
ジョコビッチやセリーナ🎾も貼ってる(テニス)
マキロイ⛳️も貼ってる(ゴルフ)

今は、🐎お馬さん🐎も貼っている。

 

メルマガ登録はこちらから

関連記事一覧

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。